表紙インタビュー
 
■インタビュー■ ハービーさん(416)
H:ハービーさん
M:もっち

M:こんにちは!ハービーさん、いつも遊びに来ていただきありがとうございます!

H:こちらこそ、毎日楽しみに拝見させて頂いてますよ、会長〜〜〜〜。

M:どうもぉ〜!ありがとうございます<(_ _)>
では早速ですが、UA1についてお聞きしたいと思います。購入に至った動機を教えてください。

H:実はUA1を購入する直前はですね、度重なる車の乗り換えで、残債処理の為にポンコツ車に乗ってました。
で、その車で我慢しよう!と思っていたのですが・・・やはり車好きな性分なので、我慢できず、行き着けの車屋で発見したUA1を購入したわけです。根っからのIVSファンではありますが、正直購入当時は、UA1について専門的な知識等なく(苦笑)あ、でもですよ、だからこそ、ネットで検索し、S.Sと出会えたとも言えるですよね(笑)

M:なるほどなるほど( ..)φメモメモ 笑
車との出会いも、S.Sとの出会いも、運命的だったのですね♪
では、UA1の魅力は、どんな所にありますか??

H:ホンダ車特有のロー&ワイドなスタイリングが第一ですね。全体的に丸みを帯びたデザインも、これまでのIVSとは
また違うデザインで新鮮味が強かった事を覚えています。CC2ビガーのような迫力あるフェイスが大好きなんですが、
ユーロっぽく仕上がった感があるUA1、2も魅力的ですね。そしてハンドリングの軽快な事!
タイヤが地面に接地していないんじゃないだろうかと思えるぐらいの軽さ。
街乗り時は、特に運転しやすいですねぇ。そして横からのスタイリング。ショートノーズ&ハイデッキでクサビ型に見えるところが個人的に大好きですね。そして回せば回すほど楽しい5気筒エンジンですね。
また、不思議なぐらい飽きの来ない車です。事故によって手放したCC2ビガーを除くと、それ以外の歴代の愛車はすべて、飽きが手放す最大の要因でしたので、これは大きいです(笑)
持病の「乗り換えたい病」が発症しなくて、助かってます(笑)


M:まず注目したいのは、クサビ型という表現です!
私は、UA1を形容する言葉としては初めてお聞きしたのですが、なるほどなるほど!確かにクサビ型ですね♪そして、良く整っていますよね☆
「飽きの来ない車」というのは、とても重要ですよね!やはり、好きで永く乗れる車が一番ですからね!
逆に気になるところがあれば、是非教えて下さい。

H:うーん、特にないです(笑)、いや、他のメーカー車、或いは他の車に関して情報等を豊富に持っていれば気になる事も出て来るかと思いますけど、私の場合、IVSにしか関心がありませんので、こんなモンだろうな、と何事にも
常々思ってますね。


M:そうですか♪確かに、私もCBちゃんで気になるところはあんまり無いかもしれません。勿論、細かく追えば出てきますけどね(爆)それを補って余りある魅力という事でしょう☆
UA1は主に生活のどのようなシーンで活躍していますか?

H:通勤、レジャーはもちろんの事、話相手に、ホームページ素材に(爆)、そしてお金が無い時は、ごはんのおかずにもなります(笑)
車は趣味の一つですが、金銭的負担も大きいですよね。だから、お金がかかる分、楽しんで自己満足しておきたいです。


M:そうですかぁ!話相手に、ホームページ素材とわっ!!普通に自動車に乗っている人よりも、数倍活躍されているんでしょうね♪
お車を維持していく上で、日頃のメンテナンスなど、大切にされていることはありますか?

H:私はとにかくボディケアからですね!メカニカル面は、スキルに自信がありませんので、自分が出来る事といえば、愛情一杯注いだ洗車ぐらいですから。一時期、乗らない時がありまして、その時、随分とボディを傷めてしまいました。
再塗装すれば、元に戻す事は容易ですが、やはり新車からの状態を、出来る限り洗車とケアで維持したかったですね。
S.Sを通じて、もっとも刺激を受けた部分がボディケアですし。

そして、普段からボンネットなどを開けるクセをつける事ですね。「あれ?何かおかしい」と、スキルは無くとも、分かる事って、少なからずあると思いますし、以前、車検の際、エンジン周辺の不具合を指摘された事があるのですが、比較的、気が付きやすいトラブルだったにも関わらず、気が付かなかった事がありましたから。
また、オフ会参加などによって、長距離走行をする機会が大幅に増えましたので、消耗品などは、積極的に前もって交換していく事を心掛けたいです。


M:なるほどぉ!!!
ボディケアというのは良い表現ですね☆( ..)φメモメモ。
私も洗車道を極めんと、日々努力しておりますが、洗車道というと、なんか堅苦しくて(爆)これからは、ボディケアとして使わせていただきます☆
そして、日頃のメンテナンス。おっしゃるとおり、「少し気を使うだけで」見えてくる部分は沢山ありますよね。それがメカに精通していない人であっても。私も、日頃から気にするようにしていますが、何かと気づくことが多いですからね。
次にカスタムしたい事などがあれば、テーマなども含めて教えて下さい。

H:元々は、純正をエレガントに(笑)乗り続けようと思っていたんですが、やはりカスタム病が疼きまして、今に至りますがユーロチックなスタイリングが好きなので、カスタム傾向も、ユーロ系になりますね。CC2ビガーの時は、VIP風だったんですがUA1はユーロ風が似合うかな?と個人的には思ってます。

今のところ、車への満足度が、カスタムの新しいアイデアの発想を、返って抑えている面もあると思います。
満足感が強いので、ここをこうしたい!って言うのが、なかなか出てこないですね(苦笑)
でも車のおしゃれは足元からって感じなので、もう少しホイールのデザインや車高を煮詰めたいですね。


M:カスタム病が疼く・・・。処方されるお薬はありませんよ!?(笑)
それにしても、車への満足度が高く、カスタムのアイデアがなかなか出てこないというのは、車にとっての褒め言葉ですよね(^^)
ユーロ系をテーマに、おしゃれは足元から☆今後のハービーさん号の進化がとても楽しみですね♪
もし、次に乗りたいなと思う車があれば、教えて下さい。

H:今は、CC2インスパイア、ビガーに乗りたいですね。もう一度乗りたい、カスタムしたい、と思ってますし、中古車市場でも数が少なくなってきましたから、出来るだけ早い時期に、もう一度、手に入れたいですね。あとはUA4/5、UC1と、乗りたいですねぇ。
いずれにしてもIVSの中からですね(笑)


M:もぉ、IVSにどっぷりですね☆
って、実は私もそうなんですけどね(爆)他に好きな車や興味の車があっても、結局はIVSに戻ってしまいます。要するに、心底好きなんですよね☆
CC2インスパイア・ビガー、どちらも素晴らしい車ですから、ぜひもう一度乗ることが出来ればいいですね♪
では、S.S入会に至った動機やきっかけなどを教えてください。また、入って良かった事、悪かったことなどがありましたら、教えてください。

H:出不精な性分ですので、車で出かける機会も少なく、それでも何かアクティブになれないかなぁと思いまして、出会ったのがS.Sでした。特にオフライン交流には、大変興味惹かれましたね。おお、これだ!と(笑)
でも、出会った当初は、やはり出不精を捨てて、オフライン交流などに積極参加出来るのかな?と自分自身に疑問でした。
もちろん、オフライン参加は強制ではありませんが、メンバ登録する以上は、やはり参加の方向で考えていきたいですから、オフ会に積極的に参加する!と自分自身と約束出来た時、入会しようと思い、出会って半年後に入会させて頂きました。


M:なるほどぉ!!!カーライフに少しアクセントを加える為に入会してくださったのですね♪
まさに、S.Sのテーマである、「あなたのカーライフに、ちょっぴりスパイスを」ですね☆
ハービーさんといえば、今年に入ってから長距離走行でのオフ会参加が凄いです!!

広島から、2月は横浜、4月は新潟と、片道500kmを超える走行が続いておりますが、ハービーさんをオフ会へと突き動かす、その魅力とは一体なんでしょうか?

H:まずは、S.S入会時、オフ会に積極的に参加すると自分に誓いを立てていた事。そして目立ちたがりであると言う事(笑)
あとはUA1と言う最高の相棒と出会った事によって、長距離ドライブが大変楽しいと言う事。また、オフ会は、誰でも気軽に開催出来るものではないと思いますので、開催してもらえる事に感謝し、その機会を逃したくないって言う気持ちも強いですね。
もちろん、オフ会そのものが大変楽しいってのが一番ですね!こればっかりは、なかなか言葉に表す事は出来ないので、参加した事が無い方には、是非参加してみて欲しいですね。

横浜にしても新潟にしても、おそらく観光目的などで、現地を訪問するって事は、私に限って言えば無いと思うんですよね。旅行や観光を趣味としているわけでもないですし。
一言、横浜、新潟に行ってきた、といえば、大抵の方が、観光目的の旅行と捉えると思いますけど車のオーナーズ・クラブのオフ会で、当然、車で行ってきた、と言えば、誰もが目を丸くするんですけど(苦笑)、自分にとっては、もっとも有意義かつ楽しい訪問じゃないか!と胸張っていますよ(笑)

それでもやはり、長距離ドライブを伴うオフ会参加に関しては、みなさんから意見を伺って考えを改めてみたいとも思います。事故を起こせば、みなさんに多大な迷惑をかけてしまいますし。
また、行けばいいってモノでも無いと思います。新潟オフに関しては、時間的な制約もあって道中かなり無理をしたドライブであった事は自分でも自覚しています。長距離ドライブは大きな危険を伴いますので、怠ってはならない事も、その分多いですから、基本的な事を再確認した上で次のオフ会参加を考えていきたいと思っています。


M:そうでしたか・・・。主催する側としても、とても勉強になるご意見、ありがとうございました!
やはり、楽しいだけではなく、それにはそれなりのリスクが伴う可能性があるんですよね。
安全運転でお越し下さいと、言うのは簡単ですが、それをするのは、実際とても難しいことなんですもんね。
今後は、また一層気を引き締めて、オフ会の企画を練っていきたいと思います。ありがとうございました<(_ _)>
最後になりましたが、今後Secret Serviceはどのようなクラブになれば良いと思いますか?

H:世間一般で言えば、車のオーナーズ・クラブと言うのは、その形態こそ、それぞれ違えど、大規模イベントの開催等を含め、あまり好意的に見てもらえない事も多いかと思います。たった一人の無責任な行動で、多くのメンバさんに迷惑をかける事もありますし、また、オフ会開催等に関しても各自治体や会場管理者に利用を断られたりする事もあるかも知れません。
そのような事になるのはとても悲しい事ですよね。一人一人が自覚を持ち、誰からも素晴らしいクラブとして認知してもらえるクラブになれば素晴らしいと思いますし、それが十分可能、いや、すでにそこまでS.Sは来ていると思いますし、その形を維持していく為の努力を怠る事のないクラブに、みなさんと協力していけるクラブで有り続ければ良いと思います。

私達の行動に対し、周りに如何にして協力的に応じてもらうか、と言うのは、すべて私達日頃の行いにかかってると思います。
そしてオフ会等に関しては、日頃の各メンバさんの社会的な行動によって、もたらされるイベントですから、例え、その場にいなくても、すべてのメンバーさんが、オフ会開催に大きく貢献し、また参加者の一人であると思います。
そして、それらS.Sでの行動を通じて、カーライフだけでなく、すべての私生活において、充実が図られれば素晴らしいですし、
私自身は、それらを実感出来ているからこそ、S.Sが大好きですし、すべてのメンバさんを尊敬出来るんですよ!


M:いやぁ、本当に素晴らしいご意見を頂き、ありがとうございます。
私が以前より思っている事や、目指している事と、ほぼ同じです♪
いわば、私やハービーさんが「笑う」事っていうのは、自分1人でどうにかなっているのではなく、周囲の人、またその周囲の人といった感じでリンクしていってるんですよね。
それがうまくリンクすることによって、関係する人は勿論、見ている人も楽しめる事になるんですよね☆
S.Sも今や、色々な意味で存在感のあるクラブになってきていると、私は感じています。今後は、社会的な立場というものを重んじながらも、楽しいクラブにしていけたらと思っております。
これからもオンライン・オフライン共に、何卒よろしくお願い致します!インタビューにお答えいただきまして、ありがとうございました!

2004年5月の表紙は、ハービーさん(416)でした!!ありがとうございました!