表紙インタビュー
 
■インタビュー■ Shin3さん(280)(広島オフ幹事を代表して)
S:Shin3さん
M:もっち

M:こんにちは!Shin3さん。いつも遊びに来て頂きまして、ありがとうございます!

S:いえいえ!こちらこそいつもありがとうございます♪ “遊びに来て”って言う表現は私にとっては適切ではないですね!
朝起きたら洗面台に向うのと全く同じ感覚です、日常生活の一部であり、不可欠なものですから(笑)

M:おぉ!日常生活の一部とは、とっても嬉しい事を言って下さいますね!ありがとうございます<(_ _)>
さて、今回の表紙は、広島オフ成功を記念し、広島オフ主催のShin3さん、そして幹事のそんちょうさん、まりあんぬさん、hiroさんの4人で飾って頂く事になりました!S.S表紙始って以来の「4人で表紙」でございます(^^)
今回は4人を代表して、Shin3さんにオフ会に関してのインタビューをさせて頂きます。
改めまして、よろしくお願い致します。

S:他の三人からブーイングが出ないように頑張ります!

M:Shin3さんとはこれまで2回お会いする事が出来ました。1回目は九州で行われた門司オフ。この時はお互い参加者として、とても楽しい一日を過ごしましたよね♪
そして、5月には、ご自身が発起人として行った、広島初のオフ会。
ご自身でオフ会を開催しようと思われたきっかけを教えて下さい。

S:正直、三人がいなかったら絶対に有り得なかったでしょうね! 他の方の目にはどう写っているか解りませんが、四人の中では私は後ろをくっ付いて行くタイプですからね♪ もう一つの要因はホームページを持てた事が大きいです、
自分のページに自分が参加したオフレポをUPしたかったのもあります。


M:なるほどぉ!引っ張り、そして引っ張られと、絶妙なバランスがあるのでしょうね☆
参加者としてのオフ、そして主催者としてのオフ。
オフまでの時間も、そしてオフの最中も、オフが終わった後も、心構えや感じ方が違うと思いますが、参加者として、そして主催者として違いも含めた、感想を教えて下さい。

S:う〜ん、難しい質問ですね。私は些細な事でも無理やり楽しんでしまう人なので、幹事とか言いつつも結構楽しませて頂きました☆
そう言う意味では幹事失格であります・・・。参加者の時は無条件に楽しめるある種のお客様状態ですけど、幹事となると様々な責任がついて回りますからね。
まぁこれは仕事でも家庭でも同じ事でしょうけど。“やってみないと解らない事をやって見て気付けた!”って抽象的過ぎでしょうか…


M:確かに、やってみないとわからないことってありますよね。私の場合は主催者側が殆どですが、逆に参加してみてわかったという事もいっぱいありますからね☆
オフレポートページでも書かせて頂きましたが、私は今回参加者として広島オフを楽しませて頂きました。
その際心から、幹事の皆さんを拝見して、「このチームは良いなぁ☆」と感じました。
私も若いんですが(自称 笑)、Shin3さん、そんちょうさん、まりあんぬさん、hiroさんを見て、若い力の圧倒的行動力に勇気付けられましたし、もっと頑張らなきゃと思いました☆
広島オフを大成功に導いた皆さんの良い所、自己評価でお教えいただけますか?

S:・・・同い年ぢゃないですか!(笑)(←会長風に言って見ました♪)
 私・・・ホント何もしてないんですよ。お調子に乗ってヒラヒラ舞ってたって感じですよ!
 そんちょうさん・・・一番礼儀正しく、スジをキッチリ通す人です。
 まりあんぬさん・・・細かい事までよく目が行き届くなぁと感心させられます。
 hiroさん・・・一番美味しい所をサクッとさらう人です、彼がいないと私達は笑いの面で物足りません(笑)


M:ん〜、なるほど☆やはり、こうして拝見させて頂くだけでも、きっちりバランスがとれているんだなぁと感じられますね(^^)
全員がきっちりし過ぎていても、何か硬くなってしまいますし、柔らか過ぎても、だらしなくなってしまいますもんね。
こういうバランスというのは、とろうと思っても簡単にとれるものではないですから、大切にしていきたいですね♪
今回のオフで、「こうしておけば、もっと良くなったのでは?」など、振り返ってみて改善した方が良いと思われる点がありましたら、是非教えて下さい。

S:嬉しい悲鳴ですが、初開催としては予想以上に大規模になった事で、時間的な予想が全く外れてしまいました。食事然り、フォーメーション然り。
後は閉園時間にまで気が回らなかった事です。他にもメカニカルトラブルも考慮して最寄のディーラーさん位は調べておけばと思いました。


M:そうですね!確かに、大規模になればなるほど、その合間合間の時間の使い方が難しくなりますね。
しかし、この辺のことは、前述の「やってみて気付いた」という一部分でもあると思いますから、今後の糧にしていきたいですね☆
Shin3さんが考える「オフ会の魅力」とは一体なんでしょうか?

S:零れ落ちる熱い想いですね♪ オンラインでポツポツと溜まった想いがコップから溢れ出す瞬間です♪(何言ってんでしょうねぇ・・・)

M:凄い表現ですなぁ!(笑)聞きましたか、奥さん!(爆)
後の説明が無いと、ちょっと官能的な表現にも聞こえますが(爆)、説明を聞けば、うむ、なるほど☆(笑)
確かにそういう感覚というのはありますね♪
オンラインオーナーズクラブとしてのSecret Serviceは、今後どのようになっていけば良いと思いますか?

S:基本的な部分は素晴らしいクラブなので、変わらずこのままでいつまでも有り続けて欲しいと思います!
ただ、車種やメンバーさん等少しずつ変わって行くと思いますので、そう言った要所要所で皆様の力でマイナーチェンジを行えば良いのではないのでしょうか? モデルチェンジの必要は一切無いと思いますよ(はぁと)


M:ありがとうございます<(_ _)>
ここまでのクラブになった以上、皆様の力を頂く事が、今後の重要なファクターの一つだと思っております。私自身も頑張っていくつもりですので、よろしくお願い致します☆
今回は、オフ会主催記念という事で、敢えてお車の事はお聞きしませんでした。
Shin3さんはもちろん、そんちょうさん、まりあんぬさん、hiroさんにも通常の表紙を飾って頂きたいと思っています☆
その際は、心行くまで愛車について語って下さいね♪

S:そう言って頂けると光栄です☆その節は宜しくお願いします。

M:最後になりましたが、私にとって初の広島は、最高の広島でした☆
そんな一日にしてくださった、Shin3さん、そんちょうさん、まりあんぬさん、hiroさん、そして参加者全ての皆さんに、感謝しております。
本当にありがとうございました!
またお会いしましょう♪
インタビューにお答え下さり、ありがとうございました!

S:またお好み焼を囲みましょう♪ こちらこそお付合い頂いてありがとうございました!!

2003年09月の表紙は、そうちょうさん、まりあんぬさん、Shin3さん、hiroさん、インタビューはShin3さんでした!!ありがとうございました!