表紙インタビュー
 
■インタビュー■ まーさん(494)
ま:まーさん
も:もっち

も:こんにちは!まーさん、いつも遊びに来ていただきありがとうございます!

ま:どうも〜。どうもどうもです☆実はこの時を待っていたんです〜!!

も:おぉ〜!待望の表紙というわけですね♪
では早速ですが、まずUA3を購入したきっかけを教えて下さい。

ま:実は当初はシーマ・レジェンド・アリストで迷ってたんです…(汗)
高級感のある車を求めてまして。それまではBMWの3シリーズやローレルに乗ってました。
とにかく次はワンランク上の車に乗りたいって希望があったんです。
でも、その時の予算ではあまり程度の良くない状態の物でしか買えないと気付いて、VIP的な車種をランクの上から順番に消去法でセレクトしていったら、このUA3に行き着いたという感じです…(汗)でも写真でこの車を見た時に何か感じる物があって、気が付いたら「魔法の紙」(購入時の分割払いクレッジットの用紙)にすらすらと記入・捺印しちゃってました…(笑) 


も:なるほど!!UA3の魅力と、魔法の紙・・・。いっつあまじっく!!(爆)ですね。
写真で見たときから、素敵なカーライフがはじまる運命だったのかもしれませんね♪
では、UA3の魅力は、どんな所にありますか??

ま:溢れるトルクとワイド感のあるボディでしょうか。
特に高速や上り坂、追越しの時には思わず口元が緩みます☆
ですが、たまにトルクが溢れすぎて制動力が追いつかない時が…(汗)
で、この前社外のブレーキパッドに換えました。やっぱり安全運転が第一ですね!


も:確かにワイド感のあるボディは迫力満点ですよね♪
そして、溢れるトルク!私も高速走行で感じましたが、直5のそれとはまた味付けの違う「トルクフル」という言葉が良く似合う加速でした☆
逆に気になるところがあれば、是非教えて下さい。

ま:分かってはいるのですが車検の時の重量税、毎年の自動車税で泣かされてます。
パーツが無さ過ぎます。さらに泣けます…(涙)ロールバーすら(?)ありません。
辛うじて出ているパーツや流用できる物も有りますが、その他はもう逆境を乗り越えワンオフや汎用パーツでやりたい放題です。


も:(T_T)
やはり重量税や自動車税はなかなか厳しいのですねぇ。。。
それにパーツの少なさも中々難しいところのようですし。
しかし、ワンオフもそうですし、汎用パーツもそうですし、自分で考えながら「既成」ではないカスタムというのも、また1つの醍醐味ですよね☆
UA3は主に生活のどのようなシーンで活躍していますか?

ま:通勤・遊び・オーディオルームですね☆大活躍してます。
特にオーディオは購入当時から何回かに段階を踏んで、気付いたら5〜60万くらい
かかってしまってるような気がします…。また例の「魔法の紙」です。コワイですね〜。

も:なぬ!!!2度お会いしていますが、オーディオをゆっくり拝見した事がありませんでした(汗)今度は是非、素敵なオーディオby魔法の紙(爆)を堪能させてください♪
お車を維持していく上で、日頃のメンテナンスなど、大切にされていることはありますか?

ま:えーと、一週から二週に一回のワックス洗車と室内清掃でしょうか。結構気を使ってキレイに乗っています。オイル交換もわりと意識してやっている方だと思います。
もう四年乗って距離も10万キロになりますが、レカロシートとカロマットでリフレッシュしました。
あとはたまにエンジン回してます…(笑)


も:室内洗車もこまめにされていらっしゃるのですね!!私も見習いたいと思います!
私の場合、室内洗車の頻度は少ないですからね。
そして、エンジンを回す事。これもとても重要ですよね。もちろん「安全運転」である事が前提なんですけどね♪(笑)

そうそう、先日の新潟オフでは、ビックリしました!
というのも、その前のオフ(横浜オフ)でお会いした時と、車の印象が大分違いましたから!!
横浜オフの際、「今は冬仕様」とのお話をお聞きしてましたので、今回お会いしてなるほど☆と思いました。
現在のスタイルのテーマを教えて下さい。

ま:今掲げているスローガンは「スポーティに、やりたい放題」です(爆)
とにかくスポーティにそして見た目を車種不明にするのが最優先課題です(笑)
とりあえず人に「この車何て車?」って聞かれたいですね。購入した当初は今のような構想は無く、とにかく「高級ゆったり志向」だったのですが、どこかで道を踏み外してしまいました…。(汗)
最近では高級志向は全く消えてしまって、もとはレザーのパワーシート仕様でしたが、レカロシートを入れてしまいました。装着後、友達に「乗降りしづらい」と言われ、GTウィングを取付けた時には母親に落胆されました。しかし当の本人全く気にしてません。
気にしてると言えばフェンダーとタイヤのスキ間とツラ具合くらいでしょうか…(笑)
一応、フェンダーとタイヤの間には人差し指が入らないように気を付けています(笑)
とりあえずリアは18インチの9Jを履いてますが、215/40の引っ張りタイヤとフェンダーのツメ折りで辛うじて逃げてます…。
足回りを固めずにツラにこだわるのは結構リスクがあったりしますね…(汗)


も:う〜〜〜ん!!!特にテーマは感じられませんが(爆)それがまた「テーマ」なのかもしれませんね♪
実際、実車を見てみますと、とても綺麗にまとまっていますし☆
では次にカスタムしたい事などがあれば、テーマなども含めて教えて下さい。

ま:引き続き「スポーティに、やりたい放題」でいきたいと思います。
とりあえず今は純正バンパーの加工を目論んでいます。
余裕があればHIDも入れたいですね☆
AT→MTへの構想もありましたが、やむなく断念しました…。


も:MT換装も考えられていたとは!!恐るべしっ!!です!
純正バンパーの加工も、想像するだけで楽しみですね!
もし、次に乗りたいなと思う車があれば、教えて下さい。

ま:そうですね…、今の所は特にこれと言うのは無いですね。

も:ということは、UA3にゾッコンということですね♪(はぁと)
お住まいの長野より、横浜オフ、そして新潟オフへと参加いただいているわけですが、オフ会の魅力というのはどのようなところにありますか?

ま:オフ会を通じて自分の知らない土地の方と接する事が出来る事と、同車種に乗っている方に自分の車を見てもらえたり、また他の方のカスタムもとても参考になります。合わせて会場までの移動という事でちょっと遠出ができてワクワク感もあります。そしていつもオフ会には期待を裏切らない何かがありますね☆

も:「期待を裏切らない何か」
良いお言葉いただきました♪ありがとうございます。
私はオフ会を主催する事が多いのですが、それでも各地方に行き、その土地を楽しむという事をオフ会で学びました。
やはり、普通の旅行とはまた違った楽しみがありますよね。
Secret Serviceに入って良かった事、悪かったことなどがありましたら、教えて下さい。

ま:良かった事は、自分のまわりの人でUA系に乗っている人がいないので、とても貴重な交流・情報交換が出来るという点です!とてもありがたく思っています。悪かった事は…どう考えても出て来ませんね☆

も:なるほど!相当売れている車でない限り、親しい人が同じ車に乗るっていうのは、ありそうで中々ないシチュエーションですよね。それだけに、こうして交流できることは、私自身も新鮮だと感じています☆
最後になりましたが、Secret Serviceはこれからどういうクラブなれば良いと思いますか?

ま:そうですね〜、私は今の状態でもとても満足していますが、今と同じように楽しいクラブであり続けてくれればと思っています☆

も:ありがとうございます♪今後も、楽しく居心地の良いクラブを目指していきます☆
これからもオンライン・オフライン共に、何卒よろしくお願い致します!インタビューにお答えいただきまして、ありがとうございました!

2004年6月の表紙は、まーさん(494)でした!!ありがとうございました!