表紙インタビュー
 
■インタビュー■ 登鴻堂さん(171)
T:登鴻堂さん
M:もっち

M:こんにちは!登鴻堂さん、いつも遊びに来ていただきありがとうございます!
先月、そして今月と、UC1が2回続いて表紙です☆登鴻堂さんご自身も、2回目の表紙登場となります!ありがとうございます。

T:いえいえ、どういたしまして。こちらこそ、表紙という大役を勤めさせていただけて光栄です。

M:登鴻堂さんといえば、styled by登鴻堂のUA2が記憶に新しいのですが、UA2を乗り換えようと思われた理由を教えてください。

T:そうですね、単にネタがつきたと言いましょうか(笑)。なんとなく、キャンバスを新しいものにしてみたかったというか。
今まで、UA2というキャンバスに描いては消し描いては消しの連続で。だんだん消してもアトが残ってきてしまったので、ならばUC1かなぁと。


M:キャンバスを新しく。登鴻堂さんらしい、とてもわかりやすい表現ですね!
大好きなUA2から、UC1へ。
数ある自動車の中からUC1を選ばれたわけですが、UC1をチョイスした理由を教えてください。

T:じゃあ買い替えようと決めたときは、まだUC1の存在は知りませんでした。まず候補にあがったのは『ストリーム』でした。試乗もしたのですが、なんかしっくりこないというか・・・。カスタムガイドみたいな本まで買ったのですが、やめてしまいました。
そうしたらUC1が発売されると情報が。一応、試乗をしたのですがちょっと予算オーバーだなと。
次に『CR-V』はどうだろうと。これが結構乗りやすくて、こいつにしようと思っていたのですが営業マンが「あと少しでMCしますよ」と・・・。とりあえず、情報が入ったら連絡をくれと言って1ヶ月待ちました。そして悩みました。悩んで悩んで本当にこれでいいのかと思っているところに「後悔だけはしないようにね」と妻からのアドバイスが。
決めました、UC1インスパイアに。買ってよかったです。後悔はしていません。だって、インスパイアが好きだから。


M:ストリーム→CR-V→そして、インスパイア。
悩まれた様子が、とても伝わってきます。
登鴻堂さんとともに、いつもオフ会に参加してくださる奥様のご意見もあって、インスパイアにされたのですね♪
以前、登鴻堂さんの奥様からUC1ご購入の経緯を少しだけお聞きした事があったのですが、その際のエピソードには、涙が出そうな位、嬉しかったのを今でも覚えております!!
「インスパイアが好きだから。」
この言葉に、全てが集約されていますよね♪
では、オーナーになってわかった、UC1の魅力を教えてください。

T:う〜ん、とりあえず普通っぽいところですかね。最近の車のインテリアはかなり凝っているというか、メーターが真ん中に付いていたり、宇宙船のコックピットみたいだったり。でも、UC1は新しいのだけれども今までと同じ感じがして。エクステリアは大人しめですが、そこがまた『親父セダン』ぽくていいですね。

M:確かに、突飛したデザインではないのですが、密かに「目新しい技術」がふんだんに使われていますよね☆
ノーマルの状態でもシンプルでカッコ良いですし、少しカスタマイズしただけで、物凄く雰囲気が変わるというのも、Hondaらしいスタイルなのかもしれません。
では、UC1で気になる部分があれば、教えてください。

T:車高が高い!!これについては下げてあげればいいだけなんですがパーツが・・・。せっかくだからいい物をということで特注で車高調を作ってもらいました。
あとは特にないですね。いっぱいあったら買ってないし(笑)。いい意味で気になる部分といえばオーディオです。これが結構、私的には手を加えなくてもいいなと思いました。購入前は「スピーカーはあれで、ここはデッドニングして・・・」なんて考えていたのですが、実際使ってみるといい音がします。でもこれは人それぞれなんですけどね。


M:車高が高い・・・。私がCBをい購入した際も、そのように感じたことがありました。
しかし、最近純正車高のCBを見ると、また改めて純正スタイルの品の高さがうかがえます☆
オーディオの質がいいみたいですね☆
もちろん、音というのは好みが人によって違いますけど、それでも最近の車は剛性が強いという事もありますので、オーディオの性能アップはもちろん、音が良くなってきているんでしょうね!
UC1は主に生活のどのようなシーンで活躍していますか?

T:通勤、旅行、買い物、いろいろと使っています。まだ半年ぐらいなんですけど、1万キロに手がとどきそうです。ガンガン乗りますよ!!

M:おぉ〜〜〜〜!!!!半年で1万kmですか!!!
それは、ガンガン乗られていますね♪きっとUC1も喜んでいますよ☆
お車を維持していく上で、日頃のメンテナンスなど、大切にされていることはありますか?

T:オイルとフィルター関係はこまめにやりたいなと。あとはそんなにないですが、空気圧もよくチェックしています。

M:やはり、オイルやフィルターのまめな交換は、基本ですよね!
それに、空気圧。私も空気圧の大切さを、最近痛感しました。意識しながら運転していると、コンマ1違っても、若干乗り味が変わるんですよね。
では、次にカスタムしたい事などがあれば、テーマなども含めて教えて下さい。

T:これがまた難しくて。今は無限のエアロを巻いているのですが、車高を下げるとこするこする!!。また、車高を下げてもフロントタイヤが内側に傾かない、いわゆるポジキャンのままなんですよ。だからホイール選びは慎重にやらないと。私はおもいっきり失敗しましたが(笑)。あ〜テーマは特にないのですが、「スポーティー&ラグジュアリー by 登鴻堂」といった感じでしょうか。

M:登鴻堂さんからお話を聞いて、車高を下げてもネガキャンにならないというのは驚きました!それもフロントのみなんですよね。
こういったお話は、今後の為にもとても勉強になります☆
登鴻堂さんのカスタムは、きっとどんな感じにカスタムしても、「by 登鴻堂」というスタイルになるんでしょうね♪
これからも楽しみにしております!
Secret Serviceに入って良かった事、悪かったことなどがありましたら、教えて下さい。

T:良かったことといえば・・・やっぱりいろいろな情報が入ってくることですね。結構知らなかったりすることなんか多かったりしますから。あと、いろいろな場所にいく機会が増えたことですね。ちょっとした小旅行的な感じですから。新潟オフも、ぜひ参加したいです。
悪かったことは・・・まあ、なんというか、いわゆるオフ会病というか・・・。でも最近はそうでもなくなったかな(嘘)。


M:確かに!情報量は多いですよね!!私も毎日勉強しているような感じです☆
そして、オフ会への参加。最近では日本各地で頻繁に行われていますから、全部参加したら、それこそ全国ツアーですもんね♪
私は「目指せ全国走破」という感じで、お金と時間を作って、出来るだけ参加していきたいと思っております!
ちなみに、オフ会病は、薬はありませんが時間で落ち着くという前例があります(爆)
最後に、Secret Serviceはこれからどういうクラブなれば良いと思いますか?

T:今までと変わらずに、オン・オフ問わず、楽しいクラブでいてもらえたらそれでいいと思います。

M:そうですね♪ありがとうございます。
今後も、今までのように楽しく活動できるクラブにしていきたいと思っております☆
これからもオンライン・オフライン共に、何卒よろしくお願い致します!インタビューにお答えいただきまして、ありがとうございました!

T:こちらこそ、ありがとうございました。これからもよろしくおねがいします。

2004年4月の表紙は、登鴻堂さん(171)でした!!ありがとうございました!