表紙インタビュー
 
■インタビュー■ ゆっき〜さん(213)
Y:ゆっき〜さん
M:もっち

M:こんにちは!ゆっき〜さん、いつも遊びに来ていただきありがとうございます!

Y:いえいえ、こちらこそいつも楽しく拝見させていただいてます♪運営管理、ほんとうにご苦労様です。

M:ありがとうございます☆これからも頑張ります♪
ゆっき〜さんのCC2、とても個性的で素敵ですよね♪ゆっき〜さんがCC2を購入した動機を教えてください。

Y:個性的と言われるのが一番嬉しいですね!ありがとうございます。購入動機・・・ではその前に僕の車歴をさらっと紹介すると・・・初めての愛車は中古のランサーターボ、その後、デリカ4WD、ランエボ3、EC5AギャランVR−4、E39AギャランVR−4・・・と、今まで三菱ばかりだったんですが、人生のリズムと言うか生活環境と言うか・・・
なんかすべてを変えよう!ってことで『今度は高級車が良いなぁ・・。ATでノーマルでゆったり乗ろう。でも変わったのが良いなぁ・・・』って考えてて思いついたのがインスパイア、ビガーだったんです。
インスパとビガーの違いはさすがに解りましたが、CB,CCの違いは解りませんでした(笑)この車が発表されたのは僕が高校の時。直5、縦置きのFF、超ロングホイールベースと
超短いFrオーバーハング。『変わった車だなぁ。でもホンダらしくてカッコイイな!!』と言うのが当時の印象でした。将来この車を買うなど予想もしませんでしたが、なぜかゆっき〜少年は『インスパイア/ビガーのすべて』を買っていたんです(笑)何かひかれるものがあったんでしょうね♪ で、実際に買うことになって決めたのはCC2ビガーです。
インスパイアは結構メジャーなのに対しビガーはマイナーで悪人顔。これが良いんです!!CC2に決めたのはあのグラマラスなフェンダーと異様なデカさ。そしてボディがワイドなら排気量もよりパワーのある2500が良いと思ったからです。でもマイナー車だから良い物件を探すのに苦労しました。条件は走行6万未満、グレードは問わないけど色はダーク系、車検は残り1年以上で4、50万円くらい
って感じで。板金屋を経営する友人にも頼んで探してもらうこと3ヶ月。当時乗ってたギャランの車検が切れるギリギリになって見つかり、初めて実車を見たのは納車の日でしたよ(笑)
走行3万8千キロ、車検残1年、サンルーフ付き、色はダーク系、ってことまでは知ってましたが、グレードや正確な色を知ったのも納車日です。購入から3ヶ月くらいは当初の予定通りノーマルで乗ってましたが、
当時付き合ってた彼女と別れてから『いじり病』が発症し、気づいたらこんなになってました(爆)
  

M:おぉ〜〜〜〜!!凄い車歴ですね♪それも全て三菱!!
少年の頃に、「すべてシリーズ」をゲットしていたとは!!驚きました。
ビガーのフロントマスクは、本当にカッコ良いですよね!私も惚れ惚れしております。
それに、
では、CC2の良い所を幾つでも良いので教えてください。


Y:まず何と言ってもこのスタイルです!!5ナンバー枠を超えた伸びやかで優雅で美しい、それでいてシャープなフォルムと、グラマラスでセクシーなフェンダー。女性的な艶っぽさも感じさせながら
男性的な怖さも併せ持つ・・・。う〜ん。素晴らしい!!そして目つきの悪い強暴なマスク。いつ見ても何回見ても見とれちゃいますね〜。
次にゴージャスな内装。高級感溢れる各パネルやパッド類と深みと暖かみを感じさせる本木目。いやぁ、バブルカー最高!!
そしてシュルシュルと上品に、それでいてトルクフルに吹けあがるエンジン。独特のサウンド。ホンダエンジンは吹けあがりが良い、とは聞いてましたが初めて乗った時はあまりの軽やかさにビックリしましたよ!


M:そうですかぁ♪もうベタ惚れですね!!「バブリーな車」とそんな言葉がありますが、間違いなくこの車も入りますよね。現行モデルの仕様などから考えると、本当に贅沢な仕様です。
逆に気になるところはありますか?あれば教えてください。


Y:灰皿が使いにくくて取り出しにくい。ヘッドライトの暗さ。見た目が明るそうなマルチリフレクターなだけに余計に気になります。
あと・・エンジンの絶対的パワーがもう少し欲しいです。エンジンフィールは最高なんですが・・・・モ、モアパワー!!

M:灰皿・・・。喫煙者の皆さんには、使い難いと評判ですよね。リフレクターに関しては、私も暗さが気になりましたが、これはマルチリフレクターの副産物だからしょうがない・・・と思っていました。
ゆっき〜さんがCC2と付き合っていく上で、大切にしている事があったら教えてください。


Y:車は生き物、意思を持っている!と言うのが僕の持論です。人間と同じように接っしてます。だからよく話し掛けます(笑)『おまえちょっと飯(ガス)食いすぎじゃね〜の?』とか『お!今日は元気良いジャン♪なんか良いことでもあったんか?』とか(笑)
良いお付き合いさせて頂いてます。

M:おぉ〜〜〜〜〜!!!生き物!!私もそう思っています。
勿論、オーナーがいて初めて命が吹き込まれるわけだと思うのですが、そこからはオーナーと車、意思の疎通をしっかりしなくてはいけません。
DIYも含め、様々なカスタムを楽しまれているゆっき〜さんですが、今後はどんなことをしたいと思っていますか?


Y:そうですね。僕が車をカスタムしていく上でいつも考えてるのは『誰もやってないこと』『一目で僕の車ってわかるように個性的に』ってことです。そりゃもちろんすべてが違うようにするのは無理ですから
真似することもありますが(笑)あとカスタムの方向性、VIPやユーロやローライダーやスポコン・・・様々なジャンルがありますが、僕は方向性を特に決めてません。
1つの方向性を見つけて仕上げてくのも素晴らしい事だと思いますが、僕はいろんなジャンルから良いと思ったものを取り入れて自分だけのスタイルを作り出そうと目論んでます。
それで良いものができるかどうかはわかりませんが、楽しくチャレンジングにのんびりとやっていこうと思ってます♪

M:私もそうかもしれません。あまり人と同じ事をするのが嫌というのもありますし、自分で出来ること自分でやりたいと思います。
カスタムの方向性についても、ゆっき〜さんに似ています。「これ」と決めるより、良いと思ったことをしながら、自分の色に染めていくのが良いですよね♪


ゆっき〜さんと初めてお会いしたのは、横浜近辺で行われた「写真オフ」でしたね!浜松からお越しになったと聞いて、ビックリしたのを今でも鮮明に覚えております。それ以降、様々なオフ会に参加していただき、とても嬉しいです!ゆっき〜さんをそうさせる、オフ会の魅力って何ですか?

Y:ちょうど1年くらい前ですよね。あの頃は髪が短かったので会長に『桜木花道かと思いました』って言われたのを僕も鮮明に覚えてますよ(爆)初めてのオフで緊張しましたが、あれ以降ハマリましたね♪
オフ会はネット上の交流の何十倍も濃い交流ができますものね♪文字だけの交流だけでなく実際に顔を見て目を見ての交流はやっぱり楽しいですよ!
そしてみなさんの愛車を生で見れるし!!これは大いに刺激になります。『おお!!これは凄い!』とか『こういうのもあるんだぁ』とか。それに愛車を囲って話してるときの
みなさんの顔!ほんと楽しいですよ!オフ会の会場って何もない大きな駐車場がほとんどなんですがそれでも飽きる事無いですもんね!今後もバリバリ参加しますよ〜♪

M:花道発言、覚えていらっしゃいましたか!!あの時はちょっとビックリしたんです。「金髪だぁ〜〜」って(笑)
ネット上に比べれば、オフ会で得るものはとても多いですよね。でも、その分いつもより勇気が要るんですよね;
今後もオフ会に一杯参加してくださいね♪

今後、Secret Serviceはどのようなクラブになれば良いと思いますか?


Y:初めての方も、老若男女問わず様々な視点、方向からインスパ、ビガー、セイバーについて気軽に楽しく語り合えるのがこのクラブの一番の魅力だと思ってます。今後もこの暖かさを大切にしていきたいですね。


M:そうですよね♪やはり、皆さんが楽しく交流できるのが一番ですもんね♪
ずばり、次に購入したい車があれば、車名と理由を教えてください!

Y:購入「したい」車ですね(笑)ずばり!NSX!!! 若いうちに乗っておきたい!! 中古市場も現実的な価格になってきたし・・・と言ってもまだまだ高いですが。でもNSXならインスパ、ビガー、セイバーから離れても
みなさん許してくれそうですね♪

M:いやぁ!やっぱりそうですよね♪一度は乗ってみたい・・・。私もそう思います。
NSXでオフ会に来たら、きっと「試乗させて」って大変な事になっちゃいそうですね♪(笑)
今後も明るく楽しくお付き合いをさせて頂ければと、心から思います。
インタビュー、ありがとうございました。これからも、何卒よろしくお願い致します!


Y:こちらこそ今日は楽しい話をさせていただきありがとうございます!改めて、今後もよろしくお願い致します!

2002年08月の表紙&インタビュー、ゆっき〜さん(213)でした!!ありがとうございました!