アーシング
 2001年の全国オフの際、メンバーであるトラジさんに初めて教えていただいた「アーシング」。それはバッテリーへのマイナスアースを強化させることにより電気のめぐりを良くするというもので、その効果は「加速が良くなる」「燃費が良くなる」「ライトが明るくなる」「オーディオの音質が向上する」など、中々の優れもの。最初にやったときは「ライトが明るくなる」という効果しか感じれず、なんか悔しくなった(笑)ので、今回線を太くして、再度挑戦してみました。
1.用意する物
・14sq電線、 田中電線/HKIV-14 メーター単価360円位 秋葉原オヤイデ電気にて
・ボルト径と電線に合わせた端子 絶縁チューブ
・14sqなどの太い電線が切れるニッパー
・端子をかしめる為の工具

2.アーシングをするための前準備
●アーシングと一言で言っても、強化するアースポイントや、そのポイントから生まれる効果など、作業に入る前に計画する必要があります。線の無さや、そろえる端子の数など、その車、その人の考えで変わりますからね。
材料を購入する前に、ボンネットを開けて、どのポイントのアースを強化するか、線の長さがどの位必要かを考えて、材料を購入しましょう。
●エンジンルーム内のビスやナットは、熱や年数等により劣化している可能性があります。ビスを折ったりすると大変ですので、注意が必要です。私は一度折りました。大変でした・・・。


2.そんじゃ、やってみましょう
1

今回も電装系ですので、必ずマイナス端子を抜いてから作業に入りましょう!
はい、ちょっと見難くてすいません。取りあえず、エンジンルーム内左側から見ていきましょう。
私が撮ったポイントですが、写真内1の場所(名称わかりません)と、ヘッドカバー部にビスが5本あります。他の方のアーシングを見ると3本だけ取っている場合が多いのですが、私は取りあえず5本取る事にしました。ま、多い方がいいんじゃん?という安易な理由です(笑)。
ヘッドカバーに関しては、3本並んでいる所の一番奥(デスビ側)は、そこの下に純正アースがありますので、そこに追加するような形にしました。
2

左の写真は、ヘッドライト関係の純正アースが取られている場所です。そこにも一本追加しました。そして、ここからエンジンルーム右側にある、ライト関係(フォグやウィンカーなど)だろうと思われる純正アースポイントを中継させてから、バッテリーのマイナス端子に繋げています(右の写真、赤い四角内)。
3

今度は、オルタネーター付近から一本です。
私はこのオルタネーター近くのビスを外す際に、ビスを折りました。力なんか全然入れなかったのですが、簡単に「「ポキ」っといってしまいました(T_T)写真内赤い四角がその折った場所です。


左のオルタネーターから取ったものを、スロットル部分を経由させ、バッテリーのマイナス端子へ繋げてます。メンバーのだんどりさんのお話では、オルタネーターからの線は直結の方が良いとの事をお聞きしたのですが、折ったビスがトラウマになり、怖いので現状で(笑)

4.バッテリーマイナス端子へ繋ぐ際に
アーシングは、バッテリーマイナス端子へアース線を増やすことですので、純正のバッテリー端子では、線を割り込ませられる量が限られてしまいます。その為に、ターミナルを作りました。

用意する物
ターミナルとして使う為のステー(通電を考え、ステンレス製)
耐水ペーパー(荒め)

5.コツコツと
ターミナルとして使う為に購入したステーですが、そのままでは利用できませんので、細工をします。
まずは、ステーを折ります。バッテリーマイナス端子を見ていただければわかるのですが、ボンネットを閉めた際に干渉してはいけませんので、それも現車あわせをしながら、折ったり、切ったりします。
私はこのターミナルを作ったときにアースを何本追加するか考えていませんでしたので、取りあえず繋ぐ用の穴数が9です。入れ方によっては18本以上取れるようにしました。
成型が終わったら、何だか表面がピカピカしているのが気分悪いので(笑)、耐水ペーパー(荒め)を使って、ピカピカを取るべく、耐水ペーパーで磨きまくりです。効果がどうかはわかりませんが、購入した時点では表面が綺麗に処理されているので、それを削り、気分的に(笑)通電を良さ気にします。気分的な問題です。
右の写真で、右が磨いた後、左が磨く前です。ピカピカ具合が若干減っていますよね。
そして、これが完成した状態です。
こいつがあれば、ある程度アースポイントを増やしても安心して繋げられますね。
尚、もし作成する場合は、必ず現車あわせをしながら、微調整をして下さい。ボンネットに当たってしまうようですと、その部分だけボンネットが膨らんでしまいます。


アーシング後
・・・・・(笑)
あっ!!燃費が良くなったようです♪
・・・・・(笑)
ライトは、少し明るくなったかな??
・・・・・(笑)
あとは〜、特に〜、体感できませんでした(爆)
会員の中でアーシングを施している方は多くいらっしゃいますが、効果をとても感じられる人と、私のように若干しか感じられない人がいます。
やはり、その車の状態や、その人の感じ方などにも影響があると思います。
ちなみに、正確に言いますと、作業前に安全のため、バッテリーのマイナス端子を外しています。およそ30分くらい外しているとコンピューターがリセットされ、点火系のタイミングなどもリセットされるという事ですので、今までの状態と比べることは難しいです。作業が完了し何日か経つと、またコンピューターが学習するみたいですので、以前の状態と比べるには学習後という事になりますね。あっ、でも私の上記の感想は、作業後1〜2週間経ってからの感想です。

アーシング用の材料は5000円あればお釣りがくる位で揃います。工具があれば他にお金がかかりませんので、対費用効果として考えれば、中々良いチューンと言えそうです。
しかし、前述している通り、得られる効果や感じられる効果は人によっても違いますので、過度な期待は禁物です。
私が書いた文とか図、説明用の写真などを参考にして作業を行い、トラブルが起きたり、損害が起きても私は責任を負えません。作業は必ず作業者が責任を持ってやってください。
..